読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

喜安幸夫さん新刊

新刊案内

商家に押し込み、金品を奪った上に皆殺し―上方を荒らし回った凶賊・蓑虫の鬼三次一味が捕縛された。しかし、その残党が江戸に集結しつつあるという。北町奉行の兄・忠之から合力を請われた忠吾郎は、「相州屋」の面々と一味の炙り出しに乗り出すが、その矢先に悲惨な押し込みが…。怒れる忠吾郎は、凶賊たちに裁きの鉄槌を下すべく、一か八かの罠を仕掛ける!

 

闇奉行 凶賊始末 (祥伝社文庫)

闇奉行 凶賊始末 (祥伝社文庫)

 

 

鳥羽亮さん新刊

新刊案内

迅い!泉十郎は目を剥いた。初太刀から連続して真っ向へ斬り込む二の太刀が、まるで一度の斬り込みのように迅かった。この太刀で、西崎どのは斬られたのだ!二月ほど前、駿河国奥江藩の勘定奉行西崎が殺された。心形刀流の遣い手向井泉十郎、居合一閃の植女京之助、変化のおゆらの三人衆は、年端もいかぬ西崎の倅二人の敵討ちを助け、江戸から東海道を往く。

血煙東海道 はみだし御庭番無頼旅 (祥伝社文庫)

血煙東海道 はみだし御庭番無頼旅 (祥伝社文庫)

 

 

菊池秀行さん新刊

新刊案内

平安時代一条天皇の御代。京の都に鬼が出没し、貴族の娘たちが攫われる騒ぎが頻発していた。源頼光から解決の命を受けたのは、剛勇名高い坂田公時だった。公時は、次に攫われるのは藤原為時の娘・紫式部と目星をつける。美貌の才女は、自らが囮となって鬼に対峙するのだが―。公時と酒呑童子、さらに陰陽師安倍晴明も加わった凄絶な闘いの行方やいかに!!

大江山異聞 鬼童子 (光文社文庫)

大江山異聞 鬼童子 (光文社文庫)

 

 

※会員以外の新刊もご紹介しています

鈴木英治さん新刊

初美が寺を出奔した。先に旅立った伊之助を思うあまりの行動であった。初美の護衛を頼まれた濤戒と休雲は、急いで彼女の後を追うが、なかなか追いつくことができない。そのころ黙兵衛と伊之助の二人は伊賀国へ。しかし伊賀国には大勢の忍とかつての宿敵が待ち構えていた。窮地に追い込まれながらも不敵に笑う黙兵衛に伊之助は不穏なものを感じ…。大人気「無言殺剣」シリーズ第八弾!

百忍斬り: 無言殺剣 (徳間時代小説文庫)

百忍斬り: 無言殺剣 (徳間時代小説文庫)

 

 ※会員以外の新刊も紹介しています

藤井邦夫さん新刊

新刊案内

汐崎藩に公儀の普請が押しつけられる―。財政難の状況で藩にとって空前の危機となる。それを回避できると老中・青山忠裕が出してきた条件は、名刀・備前長船の献上だった。駿河国汐崎藩の御刀番・左京之介は長船を手に入れようと走るが、そこに沼津藩水野忠成の横やりが!五郎正宗の遺恨で汐崎藩を潰さんとする水野に、どうする、京之介。人気シリーズ、第六弾。

備前長船: 御刀番 左京之介(六) (光文社時代小説文庫)

備前長船: 御刀番 左京之介(六) (光文社時代小説文庫)

 

 

稲葉稔さん新刊

新刊案内

南町奉行所の定町廻り同心を辞め、いまは船頭として生計を立てる沢村伝次郎が、同心時代に小者として使っていた音松が殺しの疑いで捕えられた。冤罪を訴える音松の疑いを晴らすべく、疫病神と言われていた浪人の殺しを調べ始めたが、真の下手人を追い詰めたとき、伝次郎の身にも危機が迫る。シリーズ史上屈指の剣戟と人情話が詰まった待望のシリーズ第十六弾。

油堀の女: 剣客船頭(十六) (光文社時代小説文庫)

油堀の女: 剣客船頭(十六) (光文社時代小説文庫)

 

 

藤原緋沙子さん新刊

新刊案内

縁切り寺『慶光寺』の主万寿院と遠い日に交わした約束を胸に抱いた男の生きざま…。行方知れずになった愛する男をさがす女が爪弾く津軽三味線の哀しい音色…。別れた我が子の幸せをただひたすらに願う老母の想い…。お登勢の胸に深く刻まれた亡夫への愛を垣間見た十四郎は…。

紅椿: 隅田川御用帳(九) (光文社文庫 ふ 17-14 光文社時代小説文庫 隅田川御用帳 9)

紅椿: 隅田川御用帳(九) (光文社文庫 ふ 17-14 光文社時代小説文庫 隅田川御用帳 9)