歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

平屋美樹さん講演

会員・平谷美樹さんの講演が雫石町にて行われます。お近くの方は是非。

風野真知雄さん新刊

会員・風野真知雄さんの新刊です。(kindle 同時発売)Amazonより転載:アイドルの水着、ディスコ・クィーン、汲み取り便所……昭和に置き忘れた謎を追え。西新宿の雑居ビルで開業22年のおっさん探偵・熱木地潮に、起死回生(?)の依頼が舞い込む。テレビ局の友…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第35回 戦の鬼

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 大政奉還を行った慶喜でしたが、公家たちに政治が行えるわけがないことを見抜いていました。いずれ助けを求めてやってくる。そのとき再び、徳川がその中心に収まればよい、と考えていたのでした。 西郷はそれを知っ…

赤神諒さん新刊

会員・赤神諒さんの新刊単行本です。 Amazonより転載:「新人離れしたデビュー作」と各紙誌が絶賛した『大友二階崩れ』のその後を描いた新作が早くも登場。「泣く英雄」を描いた前作に対し、「武に生きる」男たちがやはり「義」をめぐり繰り広げる熱き物語。…

藤原緋沙子さん新刊

新代表幹事・藤原緋沙子さんの新刊です。 Amazonより転載:縁切寺慶光寺の御用宿「橘屋」に、醤油問屋「紀州屋」の番頭がやってきた。橘屋に駆け込み離縁となった内儀のおきよを捜してほしいという。行方不明になっているおきよを捜し始めた橘屋の用心棒・塙…

平谷美樹さん新刊

会員・平谷美樹さんの新刊です。 アマゾンより転載: 多霧は13歳。歩き蹈鞴衆の橘衆の村下・ルビむなげ(頭)の長女だ。ある日、越後山野領の山中で、大量の惨殺死体が転がる蹈鞴場を見る。生き残りと思われる瀕死の若者を助けるが、手当後、目を離した隙に彼…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 34回 将軍慶喜

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 第二次長州征伐で幕府は苦戦、その戦のさなか、将軍家茂が亡くなります。幕府は朝廷に働きかけ、休戦へと持ち込まざるをえませんでした。 岩倉具視のあばら屋で、西郷、大久保、そして勝海舟が話し合っています。大…

早見俊さん新刊

会員・早見俊さん新刊です。 無敵の殿様 秘蝶羽ばたく (コスミック・時代文庫 は 6-32) 作者: 早見俊 出版社/メーカー: コスミック出版 発売日: 2018/09/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る

千野隆司さん新刊

会員・千野隆司さんの新刊です。 野分の朝: 江戸職人綴 (徳間文庫 ち 8-2) 作者: 千野隆司 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2018/09/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る

植松三十里さん新刊

植松三十里さん新刊です。 内容紹介:妻として大正天皇を支え、母として昭和天皇を見守り続けた貞明皇后。その感動の生涯と家族との絆を描いた著者渾身の長編小説。(文庫化) 大正の后 昭和への激動 (PHP文芸文庫) 作者: 植松三十里 出版社/メーカー: PHP研…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第33回 糸の誓い

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 薩長同盟を成立させた坂本龍馬は、幕府の捕り方に襲われます。妻のお龍のおかげでなんとか命拾いした龍馬は、西郷と共に鹿児島に渡ります。 西郷の家を訪ねる龍馬とお龍は、イチャイチャしっぱなし。西郷の妻の糸は…

大河ドラマウォッチ「西郷どん第32回」薩長同盟

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 慶喜はフランス公使ロッシュを接待していました。軍艦で兵庫に乗り入れてほしいというのです。慶喜は異国の力を利用して天子を揺さぶり、長州征伐の勅命を引き出そうとしたのでした。そしてその通り、天子から長州再…

文芸評論家日乗 本日の夕食(9)

あっさりした夕食シリーズの一環として、冷やしうどんを作ってみました。 鍋に水を入れて火にかけます。沸騰するのを待つ間に、鶏の胸肉(150グラム)の余分な皮と油を取り除きます。鍋の水が沸騰したら塩一つまみと酒少々を加え、鶏の胸肉をゆっくり入れて…

文芸評論家日乗 本日の夕食(8)

今回もあっさりした夕食をと思い、鶏肉のねぎレモンソースと、いただきもののキュウリでサラダを作ってみました。 夫婦揃って夜遅くに帰宅することがあるので、最近は、ピカールの冷凍食品を常備しています。その中の一つに「鶏肉のソテーレモン風味」があり…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第31回 龍馬との約束

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 倒幕を実現するため、西郷は、敵対する長州と手を結ぶことを考え始めていました。 京の薩摩に屋敷に勝海舟がやってきたというので、西郷が慌ててやって来てみると、その男は背中を向けていました。「よお、久しぶり…

書評『秘録 島原の乱』

書名『秘録 島原の乱』著者名 加藤 廣発売 新潮社発行年月日 2018年7月20日定価 ¥1600E 秘録 島原の乱 作者: 加藤廣 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本年4月7日 加藤廣氏が急逝さ…

文芸評論家日乗 本日の夕食(7)

暑い日が続くので、あっさりした牛肉の冷しゃぶサラダを作ってみました。妻の同僚から野菜をたくさんいただいたので、野菜もたっぷり使っています。 にんじん(小1本)をスライサーを使って細切りにします。フライパンにごま油を入れ、全体に火が通るまで炒…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第30回 怪人 岩倉具視

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 一橋慶喜に見切りをつけ、討幕に向けて動き締めた西郷は、公家の近衛家を訪ねます。しかし近衛家は乗り気ではありません。ヤモリという男から手紙が来ていると、嫌悪の表情で西郷に見せます。 手紙を懸命に書いてい…

書評『政宗の遺言』

書名『政宗の遺言』 著者 岩井三四二発売 H&I発行年月日 2018 年8月5日定価 ¥1800 E 政宗の遺言 作者: 岩井三四二 出版社/メーカー: エイチアンドアイ 発売日: 2018/07/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 戦国武将でありながら、近世初めの…

新代表幹事 挨拶全文

新代表幹事・藤原緋沙子挨拶全文 皆様、ようこそお越し下さいました。 本日は、このようにたくさんの皆様がいらして下さいました事を大変嬉しく存じます。 そして、歴史時代作家クラブ賞の各賞を受賞されました皆様、本当におめでとうございます。 歴史時代…

文芸評論家日乗 本日の夕食(6)

冷蔵庫に豆腐があったので、麻婆豆腐を作ってみました。 フライパンにごま油を入れ、みじん切りにした玉ねぎ(1/2個)と豚ひき肉(150グラム)を炒め、軽く塩・胡椒します。火が通ったら、味噌(小さじ1)、豆板醤(小さじ2)を入れ全体に味を馴染ませます…

納涼会のお知らせ

第7回歴史時代作家クラブ賞授賞式&懇親会、みなさまお疲れ様でした。 会員会友、それぞれに力を合わせ、盛況を呈することができたのはとても喜ばしいことです。 地球規模の異常気象による大洪水、猛暑に見舞われる昨今なるがゆえ、ぜひ当会として「納涼慰労…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第29回 三度目の結婚

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 西郷は長州征伐を収めて薩摩に帰ってきました。殿(茂久)のお側役にとりたてられます。西郷を嫌っている久光も、西郷を認めざるを得ません。 城を後にした西郷は、川に面して、大久保に話します。もう幕府に日本国を…

選評が公開されました!

第七回歴史時代作家クラブ賞の選考委員による選評が、 公式ホームページに公開されました! 詳細はリンク先にGO!!! 歴史時代作家クラブ公式HP | 2018年受賞作選評

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第28回 勝と龍馬

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 長州との戦いで、京の街は三日三晩燃え続けました。 西郷は負傷した長州兵を藩邸に保護し、治療を施しました。 慶喜はその頃、長州征伐を宣言していました。「今こそ、長州の息の根を止める時である」と、家臣たちに…

文芸評論家日乗 外食(1)

妻が飯田橋にある語学学校の一日集中講座を受講したので、夕方に神楽坂で待ち合わせて外で食事をしました。店は前から気になっていたサクレフルール。パリにある有名店の日本一号店です。 前菜は、国産牛のクラシックタルタルを頼みました。写真のような状態…

加藤廣先生を送る

加藤廣(ひろし)先生を送る 2018.7.23 雨宮由希夫 『信長公記』の著者・太田牛一を主人公とした本格歴史ミステリー『信長の棺』で加藤廣先生が作家デビューを果たしたのは、13年前、2005年(平成17年)の初夏のころで、2005年の歴史時代小説、最大の話…

文芸評論家日乗 本日の夕食(5)

文芸評論家日乗 本日の夕食(5) 末國善己 今回は、たらこパスタの二回目でクリーム仕立てにしてみました。 パスタ150グラムを、たっぷりのお湯に塩を入れて茹でます。その間に、生クリーム(120CC)とバターひとかけ、薄皮を取ったたらこ(1腹)、麺つゆ少…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第27回 禁門の変

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第27回 禁門の変 天堂晋助 今週も軽くツッコんでいこうと思います。 西郷は久光から、軍賦役を命じられていました。薩摩の軍の総司令官です。 西郷が慶喜の屋敷を出たところ、足元に丸めた紙が転がってきました。紙には長州…

文芸評論家日乗 本日の夕食(4)

文芸評論家日乗 本日の夕食(4) 末国善己 このところ何回か冷やし中華を作っているのですが、どうしてもタレが納得の味にならないので再び挑戦してみました。 まずチャーシューというか、煮豚を作ります。豚バラブロック(250グラム)を脂身の部分を下にし…