歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第42回 両雄激突

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 西郷を中心とする留守政府は、大久保や岩倉の帰りを待たずして政策を推し進めていきました。徴兵令。学校教育制度。地租改正。鉄道や製糸場の改良。太陽暦の採用。裁判所の設置など、後の世につながる大きな成果を上…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第41回 新しき国へ

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 鹿児島では憂さ晴らしに久光が花火を打ち上げていました。「わしはまだまだ終わらんぞ」 と吠えます。 政府は急速に諸制度を改めていました。その中心にいたのはやはり薩摩と長州でした。他の藩の出身者には不満が募…

末國善己さん新刊

会員・末國善己さんの新刊です。 周五郎少年文庫 殺人仮装行列: 探偵小説集 (新潮文庫) 作者: 山本周五郎,末國善己 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/10/27 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 続けて出版されます。よろしくお願い致します。 …

喜安幸夫さん新刊

会員・喜安幸夫さんの新刊です。 消せぬ宿命: 大江戸木戸番始末(九) 作者: 喜安幸夫 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2018/11/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 闇奉行 出世亡者 (祥伝社文庫) 作者: 喜安幸夫 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日:…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第40回 波乱の新政府

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 新政府の不満が高まる中、大久保と岩倉は薩摩の久光のもとを訪れます。久光を東京にのぼらせる目的でした。しかし病気を理由に久光はこれを固辞。 西郷は岩倉と大久保に久光を東京にのぼらせる目的を聞きます。大久…

盛池雄峰さん新刊

会員・盛池雄峰さんの新刊です。 司馬遼太郎ファンはぜひ! 英雄問答 「司馬遼太郎」で男の修行 作者: 盛池雄峰 出版社/メーカー: ゴマブックス 発売日: 2018/08/01 メディア: オンデマンド (ペーパーバック) この商品を含むブログを見る

黄色毒矢事件-少年探偵春田龍介-

アンソロジスト・末國善己さんが厳選した珠玉の七編連作短編発売です。 新潮社サイトより転載: 無燃料機関(エンジン)の実験当夜、妹が掠(さら)われ、機密をも盗まれた。龍介は二つの暗号文を解読し、犯人を追う(「危し!! 潜水艦の秘密」)。超爆液の研…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第39回 父、西郷隆盛

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 明治37年、京都市役所にて物語は始まります。ここに赴任してくる新市長。それが西郷菊次郎(西田敏行)、西郷隆盛の島の息子でした。 菊次郎は求められ、父、西郷隆盛の話をし始めます。 場面は明治二年の鹿児島に移り…

文芸評論家日乗 2018年パリ旅行番外編 ジヴェルニー日帰り

2日目は、「モネの家」(モネが晩年を過ごしたアトリエ兼庭園)があるジヴェルニーに行きました。 パリからジヴェルニーの最寄り駅ヴェルノンまでは約1時間。ヴェルノンからジヴェルニーまではシャトルバスで約20分。ジヴェルニーはパリから少し離れた別荘地…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第38回 傷だらけの維新

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 上野の彰義隊は壊滅させることができました。しかし会津をはじめとする東北各地の諸藩は抵抗を試みています。 軍議の席で大村益次郎(林家正蔵)は、兵も金も兵糧も武器も足りないと言い出します。西郷に薩摩からそれ…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第37回 江戸無血開城

ご無沙汰しました。今日に備え、念のためビデオ二台に録画しましたので、録り損じることはありませんでした。 今週も軽くツッコんでいこうと思います。 江戸城総攻撃の日が迫る中、西郷は密かに江戸城に案内され、天璋院(北川景子)と会います。天璋院は言い…

書評『将軍家の妖刀 小言又兵衛 天下無敵2』

書名『将軍家の妖刀 小言又兵衛 天下無敵2』作者: 飯島一次出版社: 二見書房発売日: 2018/09/26定価 700円税込 www.kinokuniya.co.jp メディア: この商品を含むブログを見る 今年6月にスタートしたシリーズ『小言又兵衛 天下無敵』の第2弾である。 小言(こ…

文芸評論家日乗 2018年パリ旅行(2)

ルイ・ヴィトン財団美術館の後は、今回の目的の一つ、マルモッタン・モネ美術館ヘ向かいました。徒歩30分ほどの道のりをのんびり歩いて行ったのですが、ブローニュの森はサイクリング・コースになっているのか、自転車のチームが何組も走っていました。マル…

文芸評論家日乗 2018年パリ旅行(1)

世間ではお盆休みが終わった頃、昨年に続きパリに行ってきました。そこで現地で様々なトラブルを経験した立場から、実用的なガイドを書いてみたいと思います。 ●ヨーロッパはキャッシュレスが進んでいて、地元の人はスーパーマーケットはもちろん、自動販売…

すみません!

どうしたことか、「西郷どん」がビデオに録画されていませんでした。先週の台風でなにか機械の録画状況がおかしくなったのか。毎週録画にしておいたはずが、今日は8時55分から録画になっており、とにかくおかしなことになっていました。 本当に申し訳ありま…

書評『ディアスポラ 高麗への道』

書 名 『ディアスポラ、高麗への道』著 者 岩下壽之発 売 鳥影社発行年月日 2018年9月19日定 価 本体1800円(税別) ディアスポラ、高麗への道 作者: 岩下壽之 出版社/メーカー: 鳥影社 発売日: 2018/09/19 メディア: 単行本 この商品を含むブロ…

細谷正充さん新刊

会員・細谷正充さん編纂、珠玉のアンソロジー新刊です。面白い企画ですね。 作家たちのオリンピック 五輪小説傑作選 (PHP文芸文庫) 作者: 浅田次郎,奥田英明,海堂尊,城山三郎,赤瀬川隼,小川洋子,額賀澪,細谷正充 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2018/09…

藤原緋沙子さん新刊

代表幹事・藤原緋沙子さんの新刊です。 Amazonより転載: 指物師の職人の家に後添いとして入ったおしなだったが、なつかぬ継子と姑の苛烈な虐めに、耐えきれず家を出た。二年後、ばったり、夫に出遭ってしまう(「蝋梅」)。こ っそり組織的に藩士に内職をさせ…

飯島一次さん新刊

会員・飯島一次さんの新刊です。 Amazonより転載: 妖剣かまいたち!? 無銘の将軍家拝領刀が疾風の如く賊を両断! 吉宗公亡きあとの将軍家に仇なす「西の大納言」とは? 次期将軍家治に迫る危機に謹厳実直な武辺者又兵衛がただ一人で立ち向かう! 酔うほどに冴え…

早見俊さん新刊

会員・早見俊さんの新刊です。 Amazonより転載: 大岡越前、最後のご奉公。老中の面前で下す、評定の裁きの行方は!? 本作は、宝暦年間、実際に起きた三河岡崎藩、藩主押し込め騒動をモデルとしている。藩主押し込めとは、乱行、乱心などで藩政を誤った主君を…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第36回 慶喜の首

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 新政府軍と旧幕府軍はついに激突します。 砲声を聞き、西郷は目を開けて一言。「こいでよか」 先週に引き続き、コワいぞ、コワすぎるぞ西郷。 戦況は新政府軍不利。岩倉具視が言います。「あれの出番や」 戦場での西…

平屋美樹さん講演

会員・平谷美樹さんの講演が雫石町にて行われます。お近くの方は是非。

風野真知雄さん新刊

会員・風野真知雄さんの新刊です。(kindle 同時発売)Amazonより転載:アイドルの水着、ディスコ・クィーン、汲み取り便所……昭和に置き忘れた謎を追え。西新宿の雑居ビルで開業22年のおっさん探偵・熱木地潮に、起死回生(?)の依頼が舞い込む。テレビ局の友…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第35回 戦の鬼

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 大政奉還を行った慶喜でしたが、公家たちに政治が行えるわけがないことを見抜いていました。いずれ助けを求めてやってくる。そのとき再び、徳川がその中心に収まればよい、と考えていたのでした。 西郷はそれを知っ…

赤神諒さん新刊

会員・赤神諒さんの新刊単行本です。 Amazonより転載:「新人離れしたデビュー作」と各紙誌が絶賛した『大友二階崩れ』のその後を描いた新作が早くも登場。「泣く英雄」を描いた前作に対し、「武に生きる」男たちがやはり「義」をめぐり繰り広げる熱き物語。…

藤原緋沙子さん新刊

新代表幹事・藤原緋沙子さんの新刊です。 Amazonより転載:縁切寺慶光寺の御用宿「橘屋」に、醤油問屋「紀州屋」の番頭がやってきた。橘屋に駆け込み離縁となった内儀のおきよを捜してほしいという。行方不明になっているおきよを捜し始めた橘屋の用心棒・塙…

平谷美樹さん新刊

会員・平谷美樹さんの新刊です。 アマゾンより転載: 多霧は13歳。歩き蹈鞴衆の橘衆の村下・ルビむなげ(頭)の長女だ。ある日、越後山野領の山中で、大量の惨殺死体が転がる蹈鞴場を見る。生き残りと思われる瀕死の若者を助けるが、手当後、目を離した隙に彼…

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 34回 将軍慶喜

今週も軽くツッコんでいこうと思います。 第二次長州征伐で幕府は苦戦、その戦のさなか、将軍家茂が亡くなります。幕府は朝廷に働きかけ、休戦へと持ち込まざるをえませんでした。 岩倉具視のあばら屋で、西郷、大久保、そして勝海舟が話し合っています。大…

早見俊さん新刊

会員・早見俊さん新刊です。 無敵の殿様 秘蝶羽ばたく (コスミック・時代文庫 は 6-32) 作者: 早見俊 出版社/メーカー: コスミック出版 発売日: 2018/09/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る

千野隆司さん新刊

会員・千野隆司さんの新刊です。 野分の朝: 江戸職人綴 (徳間文庫 ち 8-2) 作者: 千野隆司 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2018/09/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る