読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

喜安幸夫さん新刊

新刊案内

喜安幸夫さん新刊です。

 Amazonより転載:

駆落ち事件を裏で操る悪い奴らの企みとは? 見倒屋の痛快人助け!
老舗料亭の庖丁人と仲居が店の金百両を持って駆落ち。だが裏には巧妙な罠が……。

隠れ岡っ引の鬼助が動く!
赤穂藩堀部安兵衛に仕込まれた元・中間鬼助の木刀が唸る!

夜逃げ人たちの家財道具を買い取る「見倒屋」の鬼助は、南町奉行所の「隠れ岡っ引」というもう一つの顔を持つ。
品川宿の老舗料亭の庖丁人と仲居の二人が、店の金百両を持ち逃げした一件の探索を命じられた鬼助は、それが単純な駆落ち事件ではないことを知る。
彼らを嵌めた悪い奴らがいる……。鬼助の木刀が唸る。

濡れ衣晴らし 見倒し屋鬼助事件帳3 (二見時代小説文庫)

濡れ衣晴らし 見倒し屋鬼助事件帳3 (二見時代小説文庫)

 

▽出版社サイト▽

濡れ衣晴らし 見倒し屋鬼助事件帳3|二見書房

12日発売のこちらもどうぞ。

Amazonより転載:

紀州藩薬込役の江戸の頭霧生院一林斎を喪った悲しみが癒えたころ、藩主徳川吉宗が八代将軍になった。霧生院の一人娘佳奈は、実は吉宗の妹であることを、一林斎から知らされていたが、城に入れという吉宗の誘いを断わる。母冴とともに鍼灸療治処を続ける道を選んだのだ。そんな中、吉宗の御落胤を名乗る男が京の都に出没し、人と金を集め始めていた…。

 

隠密家族 御落胤 (祥伝社文庫)

隠密家族 御落胤 (祥伝社文庫)

 

▽出版社サイト▽

s-book.net Library Service

 読者の皆様、よろしくお願い致します。