読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

鳥羽亮さん新刊

新刊案内

鳥羽亮さん新刊です。

 Amazonより転載:

娘の命が惜しければ千両出せ――。繁盛店の娘が姿を消す事件が立て続けに起きた。依頼を受けて娘たちの行方を捜す駆込み宿のお助け人たちの前に横たわっていたのは、額が割られた凄惨な死顔の男。背後には評判の悪い幕臣の影が見え隠れする。お助け人にして影目付、宗八郎の御隠居剣が冴える、書下ろし剣豪ミステリ!

ねむり鬼剣 駆込み宿 影始末 (講談社文庫)

ねむり鬼剣 駆込み宿 影始末 (講談社文庫)

 

▽出版社サイト▽

『ねむり鬼剣 駆込み宿 影始末』(鳥羽亮):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部

Amazonより転載:

 商家のあるじが斬り殺され財布を奪われた。その頃から大川端に白い着物の幽霊が出没するという噂が広まる。半月後、米問屋のあるじと手代が斬殺された。八丁堀同心の取調べを覗き見た安兵衛は、いずれも料理茶屋「賀茂屋」で飲んだ帰りの受難だったと知る。賀茂屋では三年前に女中が白い着物で大川に身を投げていた。祟りと見せて、裏では邪悪な企みが進行していた。書下し長篇時代小説。 

幽霊小僧: 極楽安兵衛剣酔記 (徳間文庫)

幽霊小僧: 極楽安兵衛剣酔記 (徳間文庫)

 

 読者の皆様よろしくお願い致します。