歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

岩井三四二さん新刊

本能寺の変で信長さまが――これはピンチか、はたまたチャンスか!?
天正十年(一五八二)六月、驚天動地の事態に右往左往する信長の息子・信孝、家臣・滝川一益と堀久太郎、敵将・安国寺恵瓊、側室・おなべ……。
思わぬ出来事に接した時ほど、人間の本性はさらけ出されてしまうもの。
大きな岐路を前にとまどう男たち、女たちを温かい視点で描いた、共感たっぷりの連作短編集。
『とまどい本能寺の変』を改題。

死んだのか、信長 (PHP文芸文庫 い)

死んだのか、信長 (PHP文芸文庫 い)