読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

小杉健治さん新刊

新刊案内

藩財政改革の立役者と筆頭家老の対立が続く芸州藩の御家騒動に風神一族が関与しているとの報を受けた佐原市松。唯一の手掛かりとなる「才蔵」とは風神一族の暗号か? 謎を追うべく国元に潜入した上役の松原源四郎は長らく音信不通。芸州浅見家の家臣だと明かされた長屋の隣人・成瀬三之助とともに疑惑の住人の追跡を進めるうち、事態は予想外の展開を迎え……。隠密同心・市松の活躍を描く、手に汗握るシリーズ第三弾!

隠密同心(三) 裏切りの剣 (角川文庫)

隠密同心(三) 裏切りの剣 (角川文庫)

 

 

平穏な日はなく、異形の凶刃が、栄次郎を狙う!
侍同士の闇仕合だけではなかった。別の系路による謎の斬死体が連続して発見されたのだ。
探索に苦慮する八丁堀と栄次郎……。

御徒目付である兄・矢内栄之進は、田宮流抜刀術の達人栄次郎に、いつになく厳しく言った。"闇仕合は全て解決したわけではない。
一人で外を出歩くのはひかえよ"と。そんなある日、栄次郎が三味線と長唄を習う杵屋吉右衛門の門下で将来を嘱望されていた、おりくという美人の訪問を受けた。
それが、謎の斬殺体発見が続く"闇仕合の新たなる展開"と重なり栄次郎は苦悩する。

 

闇仕合(下) 栄次郎江戸暦17 (二見時代小説文庫)

闇仕合(下) 栄次郎江戸暦17 (二見時代小説文庫)

 

 ※今年はクラブ員以外の文庫もご紹介しています。