歴史時代作家クラブ公式ブログ

現在活躍中の歴史時代作家が多数所属する文学団体です。時代文庫活性化を目指し、各社から出ている時代小説文庫等の紹介もします。初めにこちらをお読みください。→http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com/entry/2014/08/01/105546

2月7日発売の新刊

著者コメント:

 「将軍を蹴った男 松平清武江戸奮戦記」の主人公、松平清武は余り知られていないかも知れませんが、実は八代将軍吉宗(こちらは超有名ですが)を紀州から迎えた時の世継では、候補に挙がったひとりです。

 しかし家光の孫で、六代将軍家宣の弟、七代将軍家宣の叔父にあたる清武は、その正統性では吉宗よりも将軍に近かったのですが将軍職に就くことはありませんでした。

 そんな清武と新しく将軍になった吉宗があるときは巷に出て、世を正していくシリーズです。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 ※アマゾンに説明が出たら付け足します

将軍を蹴った男―松平清武江戸奮闘記 (コスミック・時代文庫 ほ)

将軍を蹴った男―松平清武江戸奮闘記 (コスミック・時代文庫 ほ)

 

 著者コメント:

2月7日にコスミック時代文庫より『将軍の太刀 影裁き請負人』が発売されます。なにとぞよろしくお願いいたします。

 ※アマゾンに説明が出たら付け足します

将軍の太刀―影裁き請負人始末 (コスミック・時代文庫 ふ)

将軍の太刀―影裁き請負人始末 (コスミック・時代文庫 ふ)

 

 

京都・二条で小さな和食器店を営む紫。好きなものに囲まれ静かに暮らす紫の毎日が、20歳近く年上の草木染め職人・光山の出現でがらりと変わる。無邪気で大胆なくせに、強引なことを〝してくれない〟彼に、紫は心を持て余し、らしくない自分に困り果てる。それでも想いは募る一方。ところが、光山には驚くべき過去が――。ほろ苦く、時々甘い、恋の物語。

いろは匂へど (幻冬舎文庫)

いろは匂へど (幻冬舎文庫)

 

 ※今年はクラブ員以外の文庫もご紹介しています。